*

スーツのクリーニングについて

   

スーツ

ワイシャツなどは自宅で洗濯する人も多いと思いますが、型崩れや生地が擦れてしまって痛むことを考えるとスーツは専門のクリーニング店に出している方がほとんどだと思います。

場合によっては2週間ほどで一回ほどクリーニングに出す人もいるようですが、あまりクリーニングしすぎるのもおススメできません。

やはり、頻繁にスーツをクリーニングすることで型崩れもしますし、スーツの生地も傷んでしまいます。

長期的にはスーツの寿命を短くしてしまいます。

同じものを毎日着るのならば、クリーニングの頻度もあがりますが、通常の2、3着でのローテーションならワンシーズン(半年)でそれぞれ2、3回のクリーニングが最適でしょう。

また、営業職などで外出が多い場合は頻度もあがりますが、ほとんど外出がないような場合はそれほどの頻度でなくてもいいでしょう。

大体平均すると、2カ月で一回くらいのイメージですね。

その為には食べこぼれなどのちょっとした汚れはその都度自分でしっかりと落としてくださいね。

また、服についた匂いなどはファブリーズなどの消臭除菌剤で落とすことが可能です。

また、シーズン終わりの衣替えのときはしっかりとすべてをクリーニングに出して長期保管に備えることが大切です。

ちょっとした汚れでも、付いたままだと長期間の保存のうちに虫に喰われたり、カビなどでスーツの生地を必要以上に傷めてしまう可能性が高くなるからです。

また、クリーニングにだしたスーツにクリーニングに使ったドライクリーニングの溶剤の油系の匂いが残っているようならば、スーツに掛かっているビニールカバーを外して、風通しの良い場所で、数日間ほど陰干しをすることが必要となります。

陰干しによって、化学火傷の原因ともなるドライクリーニング溶剤を飛ばすことができるからです。

陰干し後はクローゼットに防虫剤を入れた上で保管して下さい。

半年以上保管をするようなコートやダウンジャケットなどの冬物などは次のシーズンまで衣服につくカビや虫食いなどを防止しなければなりません。

長期の保管に不安を覚えるようなら、シーズン終わりに宅配クリーニングの保管サービスを利用するのもおススメです。

クリーニング保管一覧比較

 - 未分類