*

秋物クリーニングと保管について

   

秋物

以外とクリーニングや保管が難しいのが秋物衣類です。

見た目は春物衣類に似ていても、実は素材が冬物衣類と同じだったりして、自分で何気なく洗濯すると縮んでしまって大事な服が台無しになってしまったといった経験をされている人も少なくなりません。

そんな残念な思いをしない為にも、自分で洗濯する場合は衣類の裏に付いている洗濯物の絵表示をしっかりと確認することを忘れてはいけません。

秋物衣類は7分の袖だからといってもウールの素材も多く、そんな場合に通常の衣類と一緒に洗濯をしてしまうと大事な服が縮んでしまいます。

自分で洗濯する場合はくれぐれも注意して下さい。

また、秋物衣類の保管の際には特に雪が降る地方の人は最新の注意が必要です。

一般に秋から冬に掛けてのシーズンは乾燥していてそれほど保管に注意することもありませんが、雪国などの場合はまったく逆で、雪によって春先の梅雨の時季と同様、保管に際しては湿気に注意を払わないといけません。

湿気は秋物衣類のカビやシミの原因の大きなものでもっとも注意しなくてはいけないものです。

秋物衣類を保管する際には、クローゼット内の湿度管理をしっかりと行ったうえで保管するよう心掛けて下さい。

また、夏場に産卵した衣類害虫が生まれてきたり、夏からそのまま家に住み着いて大事な洋服をかじったり食べたりすることも数多くあります。

したがって防虫剤をしっかりと使用して湿気にも備えるなど、実は結構大変なようです。

秋は乾燥しているから何もしなくて大丈夫なわけではないのです。

くれぐれも注意して、大事な服をベストな状態で来年また着ることが出来るようしっかりとクリーニングして保管しましょう。

 - 未分類