*

ドライクリーニングとは?

   

ドライ

ドライクリーニングとは水を使わないで、水の代わりに有機溶剤で洗うクリーニング方法のことです。

一般的には家庭での洗濯は洗濯用の洗剤を水に溶かして洗う水洗いがそのほどんどですが、逆にクリーニング店では有機溶剤を使うドライクリーニングがメインとなっています。

有機溶剤は石油、ガソリンなどの有機化合物のことで他の物質を溶かす性質がある溶剤の総称のことを指します。

ドライクリーニングは専用の有機溶剤を使いクリーニングを行っているのです。

有機溶剤はその性質上、衣類を型崩れさせたり、縮ませたりすることなくクリーニングをすることに適した洗剤で型崩れや縮みが心配な衣類には非常に適したクリーニング方法となります。

しかし反面、汗などの水溶性の汚れには弱く、これらの汚れを完璧に落とすことには適していません。

したがって、汗などの水溶性の汚れが付着している可能性がある場合は水洗いをしたうえでドライクリーニングに出す必要が出てきます。

もし、これらの水洗いをしないでただドライクリーニングに出してしまうと長期間の保管中に汗などの水溶性の汚れが黄ばみやカビなどにつながり変色を起こしてしまうこともありますので注意が必要です。

水洗いが出来ない場合はクリーニング店ではウェット洗いやダブル洗いといったメニューもありますのでこちらを併用するといいでしょう。

また、ドライクリーニングをした衣類を受け取ったあとに注意しなくてはならない点としては有機溶剤はしっかりと乾燥せずに残っている場合はこれらの衣類を来た時に化学やけどをする可能性がありますので、臭いが残っているような場合はしっかりと袋から出して、陰干しして、乾燥させてから保管するようにして下さい。

また、家庭でもエマールなどのドライマーク専用洗剤を使うことによって洗濯ができますが、これらの洗剤は専門店で使われているドライクリーニング用の有機溶剤ではないのでドライクリーニングが出来るわけではないのでご注意ください。

エマールなどのドライマーク用洗剤はご家庭用に型崩れが心配な衣類向けに工夫された水洗い専用に開発された洗剤です。

したがって、とても大切な衣類をクリーニングする際はできれば専門のクリーニング店や宅配クリーニングを利用するのがおススメです。

宅配クリーニング最大手Lenet(リネット)は、自社ホームページでしっかりとシルクやカシミヤの高級素材やモンクレールのダウンブランド品のクリーニングも可能だと記載していますので安心してクリーニングに出すことができますね。

 - 未分類