*

ウェットクリーニングとは?

   

ウェットクリーニング

ウェットクリーニングとは水を使いながらも衣類の縮みなどの型崩れや色落ちなどを抑えて、汗などの水溶性の汚れを落とすクリーニング方法です。

ドライクリーニングではなかなか落とすことのできない、汗などの水溶性の汚れを落とすのに最適なクリーニング方法です。

非常に技術が必要なクリーニング方法であるため、ドライクリーニングなどと比べても料金的には高くなります。

また、クリーニング店や宅配クリーニングサービスでもそのやり方や技術に差があるのも事実です。

クリーニング店によっては水槽内で押し洗いをすることをしたりしているところもありますし、使用する洗剤も独自の配合をした特注品を用いたりと、非常にやり方にも差があるクリーニング方法となります。

また、仕上げ段階で水洗いによって型崩れをアイロンによって復元したりするなど、職人の技術が必要だったりもします。

このように型崩れの可能性のある水を使っているにも関わらず、衣類のダメージを極力なくして洗濯する方法がウェットクリーニングということになります。

故に、ウェットクリーニングサービスを提供している業者によっても出来上がりに差が出やすいのです。

そこでおススメしたいのはしっかりとした実績にあるクリーニング店や宅配クリーニングサービスでこそこの様な難易度の高いウェットクリーニングは依頼すべきです。

また、利用料金も高いので、依頼する衣類も高級な物で、直接肌に触れることが多いような衣類こそウェットクリーニングを利用すべきでしょう。

大切な衣類はウェットクリーニングをしないで次のシーズンまで保管した場合、衣類に汗などの水溶性の汚れが残っていた場合は黄ばみが出てしまうようなことも多いので注意が必要です。

大切な物こそすすんでウェットクリーニングを利用するようにして下さい。

しかし、自宅でも洗濯が可能なワイシャツやポロシャツのような衣類は水洗いに対する耐性が強いので、追加料金のかからないランドリークリーニングを利用すれば問題ないでしょう。

自宅で洗った上でクリーニングに出すのもおススメです。

現在利用しているクリーニング店がどのようなサービスを行っているか気になる方はクリーニング店に直接確認してみるといいでしょう。

クリーニング店によっては汗抜きのサービスをウェットクリーニングで行うところもありますし、通常のクリーニングの際に使われる有機溶剤の中に水溶性の汚れを落としやすい溶剤を調合して、ドライクリーニングの処理過程で洗濯をするところもあるようです。

汗を完全に除去するにはやはりウェットクリーニングが一番優れているので、ご利用のクリーニング店がどのような汗抜き処理をしているかを確認して下さい。

ウェットクリーニングにおススメしたい対象衣類は以下の4つとなりますのでご参考にしていただければと思います。

1.ドライクリーニング対象品だが、水溶性の汚れを落とす必要がある衣類
例)ウール(毛)素材で食べ物や飲み物の汚れのあるダウンジャケット、コート、シルク(絹)素材の汗ジミのあるシャツなど。

2.ドライクリーニング出来ない衣類
例)ポリ塩化ビニール製品やドライクリーニングによってプリントが剥がれてしまうような樹脂を用いた衣類など。

3.水洗いの出来る衣類だが、洗濯による機械力を抑える必要がある衣類
例)長期使用による紫外線の影響で強度が低下したカーテンや壊れる可能性や脱落する可能性のある装飾等が付属している衣類。

4.水洗い・ドライクリーニング両方が可能な製品。汗などの水溶性汚れが付着していてウェットクリーニングが推奨される衣類
例)ポロシャツやゴルフ用のズボンなどの衣類

 - 未分類