*

着物のクリーニングについて

   

洋服でもそうですが、着物も一度だけでも袖を通しただけで、着物の繊維に汗、皮脂などが吸収されます。

当然、汗や皮脂が付いたままの状態で放置してしまうと、時間が経つにつれて、着物の黄ばみやシミ、場合によってはカビの原因になってしまいます。

言うまでもありませんが、保管する前に着物のようなあまり着ないものこそ、しっかりとクリーニングをして保管する必要があります。

しかし、着物は洋服と違って、すべてのクリーニング店でクリーニングを受け付けてくれるわけではないのです。

また、受け付けてくれた場合でも、料金は特別料金である場合が多いのでどうせクリーニングに出すのならば、必ず着物のクリーニングを数多く手掛けているサービス業者に依頼するのがいいでしょう。

最近では着物専門の宅配クリーングサービスもありますのでこの様なサービスを利用するといいでしょう。

本来、着物は一度着たらしっかりとすべてを丸洗いするのが理想的です。

しかし、着物の生地は非常に繊細ですので、クリーニングに出すことは非常に大きな負担となってしまいます。

そのようなこともありますので、できるだけクリーニングに出す頻度を減らすようにすることが重要です。

着物を一度着たら、着用後はしっかりと風通しの良い場所で陰干しをして汗などが生地にに残らないようにしっかりと乾かすように心掛けましょう。

また、しばらく着物を着る機会がないであろうと思われるときや、季節の変わり目などにはしっかりとクリーニングに出すことが非常に大切となります。

クリーニングの方法もいろいろとあって、丸洗いや京洗いなどクリーニング業者それぞれに独自の洗い方がありますので、しっかりと業者のそれぞれの洗い方をしっかりと選んで納得してクリーニングに出してくださいね。

 - 未分類