*

どんな衣類が家庭で洗えないの?

   

一般に衣類についている洗濯表示を見て判断する場合、基本的に、下記のマーク以外の衣類はご家庭では洗えないと思って間違いないです。

洗えない衣類1

洗えない衣類

ドライマークはドライクリーニングが出来ないという意味ですので、基本的にはご家庭での洗濯の判断基準としては関係ありません。

しかしながら、素材や洗濯方法によっては洗うことのできる衣類が数多くあるのも事実です。

すべての衣類を洗濯機で洗えるというわけではありませんが、衣類の素材やその素材の特性を知ったうえで、使う洗剤を理解して、洗濯方法を適したものにすることで、洗濯表示が水洗い不可のものでも自宅の洗濯機でも洗うことができるというようなこともあります。

それでも、どんなことをしても家庭では洗えないというような衣類も存在しますのでこれらについて解説していきたいと思います。

これから紹介する以下のような衣類は出来る限り専門のクリーニング業者に依頼するのが安心です。

1.衣類の素材や繊維に関係なく水によって色が出てしまうような衣類

水に入れた際に、色が出てしまうような衣類は基本的にご家庭で他の衣類と一緒に洗うことはできません。

衣類が単色でそれだけで洗う場合はなんとかなりますが、複数の色がある場合は色移りがして、本来の色合いを変えてしまう可能性が大きいので基本的に洗わないようにしましょう。

このような色が出てしまうような衣類は、ドライクリーニングが可能なクリーニング店で洗うと色が出ない場合が多いので、プロに依頼するようにしましょう。

2.アイロンで仕上げができないような衣類

洗濯機などで洗うことはできても、アイロンがけによる仕上げができないと本来の服と違ってしまい、しわくちゃで着用することができません。

なかでも、背広やジャケットなど水による型崩れが激しいような衣類はアイロン掛けが必要となるのでこれらを踏まえた上でクリーニングが必要となります。

洗濯後のアイロンがけがしっかりとできないような場合は専門のクリーニングサービス業者に依頼するのがいいでしょう。

3.特殊加工をしている衣類などシワ加工やプリーツ加工が施されているもの

シワ加工やプリーツ加工などの特殊加工は水の影響によって加工による効果がなくなってしまう場合があるのでご注意ください。

また、ウール素材やシルク素材などの素材には特に注意が必要となります。

特殊加工は一度、加工がなくなってしまうと基本的に特殊加工の効果を再現することはできません。

これらの特殊加工は永久加工ではないのでたとえ専門店でのクリーニングであっても長期的には徐々に効果が低減してしまいます。

4.革製の衣類や衣類の一部に皮革がついたもの

皮革製品は基本的に洗うことはできません。

まれにご家庭で洗えるものありますが、失敗する可能性が極めて高いです。

また、一部分に皮革が付いた衣類も皮革部分から色が出てしまったり、皮革がボロボロになってしまうような場合も多いので、これら皮革製品は専門のクリーニングサービスを利用すべきでしょう。

5.着物などの和服など

着物などの和服は基本的に家庭では洗えないと思った方がいいでしょう。

たとえ洗うだけは出来たとしても、特殊なアイロンがけは非常に難易度が高く、衣類自体も高価なものなのでクリーニングサービスを利用すべきでしょう。

6.どうしていいかわからないような、衣類や高価で大切な衣類など

素材の不明なものや自分で洗うのが自信がないような衣類、また、高価で大切な衣類は、専門のクリーニングサービスに依頼するのが確実です。

自宅で洗うものと専門のクリーニングサービスを利用すべきものをしっかりと判断して大切な衣類をしっかりと綺麗にクリーニングして長い間着用していきましょう♪

 - 未分類