*

衣類を虫食いから守るための効果的な方法・防虫方法

   

しっかりと洗濯して、クローゼットにちゃんと防虫剤を入れていたのに、気付いたら、虫食いをしていたという経験はありませんか?

おそらく虫食いしたのは防虫剤の使用方法が間違っていた可能性や保管方法に問題があった可能性が高いです。

実際、私の大事な洋服もしっかりとクリーニングして防虫剤を入れていたのに、いざシーズンが始まって衣替えと思って箪笥から出してみると虫食いがありました。

いろいろと調べていくうちに自分が実際にやっていたことが間違っていたことが判明してきましたので皆さんにお伝えしたいと思います。

まず、長期間着る可能性が高い洋服は防虫剤を入れているからといって、普段から開け閉めが多いようなクローゼットに保管しておくのはよくありません。

これは防虫剤はしっかりと密閉された空間でこそ効果を発揮するものだからです。

したがって頻繁に開け閉めするような場所に保管して防虫剤をいれていても、頻繁に開け閉めをして中の空気を入れ換えてしまっては防虫効果が減ってしまうこととなるのです。

また、保管している衣類の量にも気をつけなくてはなりません。

あまりにたくさんの衣類をぎゅうぎゅう詰めにして入れて保管してしまうと、防虫剤の効果を隅々まで行き渡らせることが出来ないのです。

クローゼット内に隙間がないと、防虫剤から出た防虫成分が十分に充満してくれないからです。

更に、これは勘違いしている人もいると思いますが、防虫剤は衣類の上に置かなくてはなりません。

これは防虫剤は徐々に気体化して上から下へと移動していくからです。

したがって、衣類の一番上に防虫剤を置いておかないと効果が見込めないのです。

衣類の汚れがしっかりと落ちていれば虫食いは予防できるということではなく、しっかりとした保管方法と防虫剤の使用方法をしっかりと実践して本来の防虫効果が期待できるのです。

それではたくさんの防虫剤をいろいろといれれば効果が見込めるかというとそれも間違った認識です。

そもそも複数の防虫剤を同時に使用することは逆効果となってしまうことがありますので注意が必要です。

防虫剤の防虫成分は主にパラジクロロベンゼン、ナフタリン、ショウノウ、ピレスロイドという4種類が一般的です。

ピレスロイドは防虫剤臭はありませんが、その他のパラジクロロベンゼン、ナフタリン、ショウノウには強い防虫剤臭がします。

これらの防虫成分は組み合わせによっては、化学反応により、本来なるべき気体にならず、液体になってしまうこともあります。

それによって、大事な衣類にシミがついてしまうこともありますので使用に際しては注意が必要です。

虫食いを予防するために万全の対策をしたと思っていたら、結果として、シミがついたということとならないように、くれぐれも複数の防虫剤の併用はしないようにして下さい。

また、それぞれの特性や使用方法をよく理解したうえで使っていくことが本当に大切です。

これらのことに留意してしっかりと虫食い対策をしておきましょう。

また最近ではクリーニングと同時に次のシーズンまで完璧な状態で保管してくれるサービスもありますので、自分で保管しておくのが心配な方はこれらの宅配クリーニング保管サービスを検討してみてはいかがでしょうか?

順位 サービス名 宅配クリーニング保管比較短評
1位 せんたく便
保管という点を考えれば、パック型でどんな衣類も同じ料金でクリーニング出来て保管もしてもらえるせんたく便が圧倒的におススメです。
また、保管期間も最大で9カ月とその点でも他よりも長く保管してもらえる点でもおススメです。
2位 リナビス
乾燥を自然乾燥でするなど熟練の職人のよる業界トップクラスの質の高いクリーニングサービスは長期の保管の前には安心して預けられる。
保管期間は最大で6カ月となる。できればあと2カ月くらい長いと使い勝手がいい。
高級な衣類を保管してもらうのにはおすすめしたい。
3位 Lenet(リネット)
会員数最大のLenet(リネット)の保管サービスLenet保管は高品質保管の値段が1点2,000円と他と比べて高いので保管という点ではお勧め度は若干落ちる。
品質は間違いないので信頼して普段からLenet(リネット)を使っている人は管理面ではいいかもしれません。

 - 未分類